兵庫県丹波市にある運送会社。運送業・倉庫業・トラックレンタルイベントステージ

安全への取り組み

協栄運輸では、環境問題や交通安全など企業としての社会的責任を果たすため、様々な取り組みを進めています。

デジタルタコグラフ導入

協栄運輸では、全車両にデジタルタコグラフを導入しています。
(デジタルタコグラフとは、車両の運行データをコンピューターで記録し、分析する装置です。)

mission_img1基本的な速度・時間・距離のほか、エンジン回転数や急加速・急減速、燃料の消費状況、CO2排出量といった車両情報を細かく分析されたデータが、車載機にセットされたCFカードに保存されます。
mission_img2運行終了後、事務所にて安全運転診断レポートとしてデータを用紙に出力し、省燃費運転や、運転に問題点があればその改善に活用していきます。
mission_img3また、車載器とGPSとの連携により、リアルタイムで各車両情報を収集します。位置情報(地図で表示)や荷積、作業状況などを把握。顧客サービスや配車効率の向上、そして車両トラブル防止などに大きく貢献します。

ドライバー全員がフォークリフトの免許を取得しています

弊社では、ドライバー・構内作業員は全員、フォークリフトの免許を取得しています。

日常の業務の中で、積みおろしの作業を自分達でおこなっており、操作には慣れております。
安全確認を徹底した作業を心掛けておりますので、安心してお任せください。

Gマーク取得事業所

mission_img4Gマーク(安全性優良事業所)とは、荷主企業がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするために、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)が厳しい評価をし、認定した事業所です。マークは安全性優良事業所のみに与えられる安全・安心・信頼の証しです。

グリーン経営認証取得事業所

mission_img5グリーン経営認証とは...自主的・計画的に環境対策を進めながら、経営面での向上を図っていく経営をいいます。具体的には、燃費向上によってコストの削減を図ることができる「エコドライブの推進」や「社用車を含めた低公害車の導入」等は、グリーン経営を推進する代表的な取組といえます。

自社内で定期的に安全対策会議を実施

mission_img7

<会議事例>

  • 安全対策会議
  • 事故対策会議
  • 燃費向上エコドライブ講習会
  • 運行前点検及び日常点検講習会など

ニュースで報道された大きな交通事故や、自社内で起きた事故報告など、具体的事例を取り上げた事故対策会議を定期的に実施。ドライバーの安全意識の向上に役立てています。

外部講習会への積極的な参加や
定期的な適正診断の受診

ナスバネットによる適性診断の受診や、外部でおこなわれる講習への積極的な参加で、ドライバー全員の安全に対する意識レベルを高い水準で維持することに努めています。

環境保護を意識したエコドライブの推進

世の中のエコ活動をリードしていく気持ちで、地球に優しい運送事業を目指し、取り組んでいます。

  • アイドリングストップの徹底
  • 低燃費タイヤの装着
  • 毎月の各車両の燃費チェック→改善点をチェック
  • 一般道は法定速度を厳守。高速道は最高速度80kmを徹底

全車両に後方確認用のバックカメラ装備

全車両にドライブレコーダーの装備

ドライブレコーダーとは、自動車が他の車と衝突事故を起こしたり、歩行者に接触したりと、走行中に起こったなんらかの衝撃時点から数十秒映像と速度等のデータを保存・記録し、事故検証や事故の客観的な分析に寄与するために開発された最先端の機器です。ドライブレコーダーは事故抑制効果があり、ドライブレコーダーを搭載している車両の事故は減っているという調査結果が出ています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0795-85-0502 平日 8:30-18:00
(FAX・メールでの問合せは24時間受付)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

QRコード

スマートフォンでご覧頂く場合は、下のQRコードを読み取ってください。

QRコード

PAGETOP
Copyright © 協栄運輸株式会社 All Rights Reserved.